紫外線が付余地時間帯はいつ頃なの?

紫外線の強い時間を理解して美白ケア

紫外線は、時間帯や季節、場所によって強さが違います。どんなときでも、美白ケアを怠るわけには行きませんが、特に注意したほうが良い時間などをご紹介します。

まず、紫外線が1日で最も多い時間帯ですが、これは太陽が高い位置にある10~14時の正午前後です。この4時間は、1日の約50%以上の紫外線量が降り注ぎますので、シミを作って美白ケアの妨げにならないように、必ず紫外線対策をしましょう。

また、紫外線は3~9月にも多く降り注いでいますが、最も多い季節は、真夏です。真夏と真冬では紫外線の量が5倍も違います。場所は、太陽に近ければ近いほど多くなります。特に山などの頂上は、太陽に近くなりますし、埃があまりなく、空気が済んでいるため、とても多くなっています。

そして、南に行けば行くほど、紫外線の量が多くなっています。北海道と沖縄では、沖縄のほうが多く、年間で比べると、沖縄は北海道の約2倍もの紫外線量となっています。真夏に沖縄に行く人は多いと思いますが、年間で最も多い季節に最も多い地域に行くわけですので、必ず日焼け止めは塗っていきましょう。

また、これはみなさん知っていると思いますが、天候は晴れの日が一番紫外線が多くなっています。ただし雨や曇りでも、紫外線は多く届いているため、油断をしていると、シミを作ってしまうこともあります。なので油断をせずに紫外線対策をしましょう。

そして、真冬にスキーやスノボに行く時に、雪焼けをしてしまう人がいると思います。空から日光が降り注いでいますが、その日光から降り注ぐ紫外線を、雪が反射しているから焼けてしまうのです。特に不純物の少ない新雪は、85%も紫外線を反射してしまうので、空からも雪からもダブルパンチで、紫外線を浴びてしまうことになります。

また、雪でなくても、アスファルトやコンクリート、水面、芝生などでも10~20%は反射しています。都会では販売や営業で、地方では農業や漁業などで、ずっと外で仕事をしているという人も多いと思います。

しかし、外にいる場合は、必ずしも紫外線を浴びることになるので、例え冬だろうと、雨だろうとしっかり紫外線対策をしなくてはなりません。綺麗な美白肌を目指しているのならば、紫外線対策はどんな時も怠らないようにしましょう!

↑ PAGE TOP