肌のハリ、ツヤを守る生活のポイント

肌の状態を左右する食事

油物やケーキなど砂糖をふんだんに使った料理を食べた翌日、お腹の調子が悪かったり、顔に吹き出物ができたりしたことはありませんか。肌は体内の状態をあらわす鏡です。肌にとって、もしくは体にとって良い食事と悪い食事があります。意識して献立を考えてみませんか。

さて、栄養バランスの良い=肌に良い食事となります。 肌によいものと聞くと、コラーゲンやビタミンを思い浮かべますが、コラーゲンなんてどんなものに入っているかわかりませんし、毎日同じものを食べることも苦痛ですよね。

まず肌の張りに影響するコラーゲンは、タンパク質ということを知っておいてください。 タンパク質と言えば、ハードルは一気に下がりますね。 肉や魚だけでなく、卵や大豆、さらには乳製品と幅広い食品にタンパク質が含まれています。

そしてタンパク質はコラーゲンになる可能性がある成分です。 そして体内に吸収しづらいコラーゲンは、ビタミンCや鉄と共に摂取すると良いようです。 例えば、衣をアーモンドスライスにしたから揚げに、レモン汁をふりかけたりするのです。塩分過多を抑えられますし、油物をさっぱりとした口当たりで食すことができます。

続いて老化防止のためには抗酸化作用のある食べ物が有効です。 抗酸化成分は化粧品に入っている場合もありますが、外側からだけでなく食物からも摂取し、外と内と万全な体勢を整えましょう。 ワインやココアに含まれるポリフェノールはよく聞きますね。

その他に抗酸化作用は色の濃い野菜に多く含まれるビタミンA、檸檬やキュウイフルーツなどのビタミンC、これはゴマやアーモンドに含まれるビタミンEと摂取すると相乗効果を期待できます。 カテキンやリコピンなどにも、多くの食材に抗酸化成分が含まれています。

要するに、この食材が肌に良いと言われるものだけを摂取するのではなく、バランスよく多くの食材を摂取するように心がけましょう。 数多くの食品を摂取することにより、栄養成分も偏りがなくなります。 体調が整えられれば、自然と肌も綺麗になるはずです。

化粧品の成分についての注意

化粧品を買う時、ブランドで選びますか、もしくは裏の成分表示を見て買いますか? 化粧品は、必ずしも有効成分だけで構成されているわけではありません。 保存料や香料、着色料はもちろん、界面活性剤と多岐にわたった成分が入っています。

しかし成分表示を見ても、カタカナばかりで、それがなにに作用しているのかわかりません。 もちろんインターネットで成分の役割を調べることはできますが、面倒です。 ですから特定のブランドを信用し、それを買うのだと思います。

では少し知っておきたい成分をピックアップしてみましょう。 先ほど界面活性剤を挙げましたが、成分表示にはそのままの名前で書かれていません。 なぜなら界面活性剤とは総称で、実際はアルキルポリオキシエチレンエーテルや脂肪酸グリセロールエステルなど複数あるからです。

もちろん化粧品に使用できるもの、工業用や家庭洗剤用と分かれています。 この界面活性剤は、混じり合わない成分同士を混ぜ合わせる役割があります。 これは乳化と言われる作用です。 リキッドファンデーションにも使われています。

その他、汚れの除去もします。 ですが、洗剤にも入っている通り、油脂を吸着し洗浄する効果が石鹸よりも高く、そのため肌が乾燥する原因にもなっています。

さて、パラベンという保存料や香料は良く知られていますが、次にちょっと見落としがちな成分を挙げてみます。 アレルギー症状を引き起こしやすいクロムやタールと言った金属成分です。 クロムは合成香料を製造するために使用されますが、顔料に含まれる金属もあります。 ですが、必ずしも入っているわけではありません。

使用上は問題ありませんが、金属アレルギーを持つ人は爛れやかゆみなどが起こりますので注意が必要です。 もし、成分がわからない場合は使用前にパッチテストを行うと良いでしょう。 またアレルギーを持つ方でなくても、金属の入った化粧品は肌にくすみをもたらしますので、早めに落としましょう。

化粧品はあくまでも補助的な役割です。 過剰な使用は逆に肌の状態を悪化させることになります。 できるなら、内面からの美容、つまりバランスの良い食生活を心がけ、精神面でも安定した生活を送ることが、美肌への第一歩になるのです。

↑ PAGE TOP